CD

曲名をクリックすると試聴できます。

0才からのジャズ
~Keep on Swingin'~

Released:2018 詳細

0才からのジャズ ~Keep on Swingin'~

New York で活躍するベテランピアニストによる、赤ちゃんから大人まで楽しめるジャズシリーズ第4弾!



  • アーティスト:Kini Mikami クニ三上
  • レーベル:9245 Records
  • 品番: KY-1005
  • 発売日:2018年6月27日
  • 価格:2,000円+税
  • プロデューサー:クニ三上、横田明子
  • レコーディング・エンジニア:HMラボ 宮原 誠(響に學)
  • マスタリング・エンジニア:吉川昭仁(Ded AIR)
  • 表表紙:ヤマモトピピ
  • デザイン:桂川潤
  • Spcial Thanks : M.Kido
  • 2016年11月5日、6日 オーディオ・パーク(自由が丘)にて録音

メンバー:
クニ三上(ピアノ)
有明のぶ子(ヴィブラフォン)
林 正男(ベース)
今村健太郎(ドラムス)
<曲目>
  1. アンパンマンのマーチ(作曲  三木たかし ) 5:05
  2. おもちゃのチャチャチャ(作曲  越部信義 ) 3:09
  3. 二人でお茶を(作曲 Vincent Youmans ) 4:31
  4. 崖の上のポニョ(作曲 久石譲 ) 4:42
  5. シング・シング・シング (作曲 Louis Prima ) 3:14
  6. となりのトトロ(作曲 久石譲 ) 4:30
  7. エリーゼのために(作曲 Ludwig van Beethoven ) 3:46
  8. メイプルリーフ・ラグ(作曲 Scott Joplin ) 4:08
  9. ルパン三世のテーマ(作曲 大野雄二 ) 4:57
  10. 大きな古時計(作曲 Henry Clay Work ) 3:13

在米43年のピアニスト、クニ三上が軽快に演奏した作品集。三上は日本で0才から高齢者まで一緒に楽しめる本格ジャズコンサートとして「0才からのジャズコンサート」を毎年春と秋に全国各地で開催している。そのコンサートでリクエストの多い曲を中心に選曲、ジャズの名曲、ラグタイムそしてアニメやクラシックなどを幼児向けではないリアルなジャズのアレンジで演奏している。
ピアノ、ベース、ドラムにヴィブラフォンを加え、どの世代にも心地良く響く秀作である。

Moon River
― Live at アートルーム新紀元 ―

Released:2017 詳細

Moon River
― Live at アートルーム新紀元 ―

New York在住43年のジャズピアニスト、クニ三上がジャズの名曲を 洒落たアレンジで演奏。世界でも類を見ないライブでのワンポイント録音



  • アーティスト:Kini Mikami クニ三上
  • レーベル:9245 Records
  • 品番: KY-1004
  • 発売日:2017年12月20日
  • 価格:2,800円+税
  • プロデューサー:クニ三上、横田明子
  • レコーディング・エンジニア:HMラボ 宮原 誠(響に學)
  • マスタリング・エンジニア:吉川昭仁(Ded AIR)
  • 絵:木戸和子氏の銅版画・メゾチント
  • デザイン:桂川潤
  • 2016年5月19日アートルーム新紀元にて録音
メンバー:
クニ三上(ピアノ)、
池田 聡(ベース)、
橋本 学(ドラムス)、

<曲目>
1. Smile スマイル (作曲 Charlie Chaplin) 5:38
2. Tea for Two 二人でお茶を (作曲 Vincent Youmans) 4:24
3. Mack the Knife マック・ザ・ナイフ (作曲 Kurt Weill) 4:59
4. La Vie en rose バラ色の人生 (作曲 Louiguy and Marguerite Monnot) 4:22
5. A Night in Tunisia チュニジアの夜 (作曲 Dizzy Gillespie) 6:26
6. Moon River ムーン・リヴァー (作曲 Henry Mancini) 5:28
7. The 'In' Crowd ジ・イン・クラウド (作曲 Ramsey Lewis) 5:49
8. Easy Living イージー・リヴィング (作曲 Ralph Rainger) 5:57
9.Bag's Groove バグス・グルーヴ (作曲 Milt Jackson) 4:07
10. Besame Mucho ベサメ・ムーチョ (作曲 Consuelo Valazquez) 7:12
合計 54分25秒

1974年に単身渡米、ライオネルハンプトン楽団やデュークエリントン楽団での演奏で知られる ジャズピアニスト、クニ三上のライブ盤。16年春の日本ツアーでの演奏をワンポイント録音。
2本のマイクだけで会場の響きをすべて収録。何も足さない、何も引かない、最も自然な方法で収録しました。収録曲は「ムーン・リバー」「チュニジアの夜」「バラ色の人生」などよく知られた名曲ばかりです。
ジャケットの絵は木戸和子氏の銅版画・メゾチント、ジャケットデザインは佐藤正午の直木賞作品「月の満ち欠け」の装丁家・桂川潤氏です。


ご注文は全国CDショップ、アマゾン等ネットサイト。Office Yokotaでのご注文もお受けします。

0才からのジャズ Vol.3
~Good Nights~

Released:2015 詳細

0才からのジャズ Vol.3 ~Good Nights~

赤ちゃんから大人まで誰もが楽しめるジャズシリーズ第三弾! New CD「0才からのジャズVol.3 ~Good Night~」は子守唄特集。
今回初めて、クラウドファンディングでCD製作資金の調達を行いました。ファンドにご協力くださった方々に心より御礼申し上げます。


  • アーティスト:クニ三上
  • 品番: KY-1003
  • 発売元:9245 Records
  • 発売日:2015年7月22日
  • 価格:2,000円+税
  • プロデューサー:クニ三上、横田明子
  • エレコーディング・ンジニア:岡本司(1~7)、Michael Brorby(8)
  • ミックス&マスタリング・エンジニア:吉川昭仁
  • 絵:ヤマモトピピ
  • デザイン:桂川潤
  • 写真撮影:岩切天平
  • 録音:Studio DEDE 2012年10月30日/
             Acoustic Recording, New York2012年8月1日(track8 のみ)
メンバー:
クニ三上(ピアノ)、
池田 聡(ベース track1~7)、
福森 康(ドラムス track1~7)、
Christian Fabian クリスチャン・フェビアン(ベース track8)、
David Gibson デヴィッド・ギブソン(ドラムス track8)、
LaRita Gaskins ラリータ・ガスキンス(ボーカル track8)

<曲目>
1. モーツァルトの子守唄(作曲:Bernhard Flies)5:02
2. ゆりかごの歌(作曲:草川信)4:24
3. シューベルトの子守唄(作曲:Franz Schubert)3:21
4. 五木の子守唄(民謡)5:41
5. サマータイム~竹田の子守唄(「サマータイム」作曲:George Girshwin/「竹田の子守唄」民謡)7:09
6. ブラームスの子守唄(作曲:Johannes Brahms)4:19
7. 星に願いを(作曲:Leigh Harline)6:21
8. バードランドの子守唄(作詞:George David Welss/作曲:George Shearing)3:17
合計 39分37秒

0才からのジャズ Vol.2
~Swingin' X'mas~

Released:2012 詳細

0才からのジャズ Vol.2 ~Swingin' X'mas~

赤ちゃんから大人まで誰もが楽しめるジャズシリーズ第二弾!
「ジングルベル」からチャイコフスキーの「くるみ割り人形」までが素敵なジャズになりました

  • アーティスト:クニ三上
  • 品番: KY-1002
  • 発売元:9245 Records
  • 発売日:2012年11月21日
  • 税込み価格:2,000円
  • プロデューサー:クニ三上、横田明子
  • エンジニア:Michael Brorby、Akihiko Nishimura (Mixing)
  • マスタリングエンジニア:阿部健司(ハリオンスタジオ)
  • 絵:ヤマモトピピ
  • デザイン:桂川潤
  • 写真撮影:岩切天平
  • 録音:Acoustic Recording, New York 2012年8月1日
  • ミキシング: Avatar Studio (New York)
メンバー:
Kuni Mikami クニ三上(ピアノ)、
Christian Fabian クリスチャン・フェビアン(ベース)、
David Gibson デヴィッド・ギブソン(ドラムス)、
LaRita Gaskins ラリータ・ガスキンス(ボーカル)

誰もが知っているクリスマスソングやチャイコフスキーの「くるみ割人形」が、三上ならではのアレンジで、楽しく美しいジャズに生まれ変わりました。ボーカルの黒人歌手を含めニューヨークのベテランミュージシャンたちによる演奏で、勿論ニューヨーク録音です。子どもも一緒に、また大人だけでも楽しめる一枚です。

<曲目>
1. ジングルベル (作詞:作曲:James Lord Pierpont)2:40
2. 組曲くるみ割り人形 (作曲:Tchaikovsky)6:46
3. 赤鼻のトナカイ(作詞:Robert L.May、作曲:John Marks)3:15
4. メドレー8:52
「クリスマスを我が家で」(作曲:Walter Kent)、
「ジングルベルロック」(作曲:Joseph Carleton Beal &James Ross Boothe)、
「The Christmas Song」(作曲:Mel Torme & Bob Wells)、
「Winter Wonderland」(作曲:Felix Bernard)
5. もろびとこぞりて(作曲: Lowell Mason)3:22
6. サンタが街にやってくる(作曲:John Frederick Coots & Haven Gillespie)4:02
7. きよしこの夜(作曲:Franz Xaver Gruber、作詞:John Freeman Young)3:49
8. ホワイトクリスマス(作曲:Irving Berlin )4:20
合計 37分06秒

0才からのジャズ Vol.1
~Let’s Swing~

Released:2012 詳細

0才からのジャズ Vol.1 ~Let’s Swing~

赤ちゃんから大人まで、誰もが楽しめるジャズシリーズ第一弾!

  • アーティスト:クニ三上
  • 品番: KY-1001
  • 発売日:2012年6月20日
  • 税込み価格:2,000円
  • 発売元:9245 Records/Office Yokota
  • 販売元:(株)アスタ
  • プロデューサー:クニ三上、横田明子
  • エンジニア:Chris Allen
  • マスタリングエンジニア:阿部健司(ハリオンスタジオ)
  • 録音:Sear Sound Studio, New York 2012年4月4日,18日
メンバー:
Kuni Mikami クニ三上(ピアノ)
David Hofstra デヴィッド・ホフストラ(ベース)
Andrew Wangemann アンドリュー・ワングマン(ドラムス1,3,5-8)
Clifford Barbaro クリフォード・バーバロ(ドラムス2,4)
Tomoko Omura大村朋子(ヴァイオリン6,8)
Natalie Carterナタリー・カーター(ボーカル1,3,7)

クニ三上が2010年から行っている「0才からのジャズコンサート」は、各地で大好評を博しており、コンサート会場の来場者からは、「CDも作って欲しい」という声が届いていました。そんな声を受けて遂にシリーズとして発売することになったのがCD「0才からのジャズ」です。その1枚目は「Let’s Swing」アニメの名曲からジャズのスタンダードまで、クニ三上とニューヨークのミュージシャンによる演奏で一緒にスウィングしよう!

<曲目>
1. ABCの歌(フランス民謡) 3:12
2. ミッキー・マウス・マーチ(Jimmie Dodd) 5:11
3. A列車で行こう(Billy Strayhorn) 3:49
4. ペーパー・ムーン(Harold Arlen) 3:30
5. アンパンマンのマーチ(三木たかし) 4:31
6. 山の音楽家(ドイツ民謡) 3:58
7. シング・シング・シング(Louis Prima) 3:26
8. となりのトトロ(曲・久石譲) 4:40
合計 32分29秒

CD評

<カーオーディオ情報サイト マイカーライフ 「高音質CD紹介」より>
クニ三上は、ライオネル・ハンプトン楽団をはじめとしてイリノイ・ジャケー、超有名なデューク・エリントン・オーケストラなどアメリカを代表するバンドで活躍してきたピアニストだ。そんな輝かしい経歴を持つ彼は2010年から「本格的なジャズを子ども連れでも気楽に楽しんで欲しい。」という思いから「0歳からのジャズコンサート」を始め好評を博しているという。そのコンサートのコンセプトをCD化し、より多くの人にジャズの楽しさを訴求しようということでリリースされたのが本作といえる。本作にはジャズの本場ニューヨークで活躍する一流アーティスト、ヴォーカリストが参加している。収録曲は有名なエリントン・ナンバー「A列車で行こう」をはじめとするジャズ・スタンダードから「ミッキー・マウス・メドレー」「となりのトトロ」「アンパンマンのマーチ」などアニメ・ソングまでを採り上げジャズ・ファンだけでなくジャズ入門者や小さな子供たちまでが楽しめる作品に仕上げられている。サウンドもジャズ・レーベルの作品のようにアタック音を強めるなどデフォルメされたものではなくナチュラルな響きが得られている。
<CDジャーナル 2012.9 より>
『0才からのジャズ Vol.1』評
 
<オーディオアクセサリー 146号 より>
『0才からのジャズ Vol.1』評2

Hamp's Boogie(ハンプス・ブギ)
~ライオネル・ハンプトンに捧ぐ~

Released:2011 詳細

9245 Records第一弾!「Hanmp's Boogie」

危険 強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

Hamp's Boogie(ハンプス・ブギ)~ライオネル・ハンプトンに捧ぐ~

  • アーティスト:クニ三上
  • 品番: DQC-767/9245K-001
  • 発売日:2011年9月21日
  • 税込み価格:2,800円
  • 発売元:Office Yokota/バウンディ(株)
  • 販売元:バウンディ(株)
  • プロデューサー:クニ三上
  • エグゼクティブプロデューサー: 横田明子
  • エンジニア:M.P.Kuo
  • マスタリングエンジニア:阿部健司(ハリオンスタジオ)
  • 録音:Uptime Studio, New York 2011年4月11日
メンバー:
Kuni Mikami クニ三上(ピアノ)
Christian Fabian クリスチャン・フェビアン(ベース)
David Gibson デヴィッド・ギブソン(ドラムス)
Clarence Banks クリアランス・バンクス(トロンボーン)
Michael Hashim マイケル・ハシム(サックス)

アメリカでは、ジャズファンのみならず広く一般にも大スターとして愛されたヴィブラフォンの王様、ライオネル・ハンプトン。そのハンプトンのビッグバンドで最後の専属ピアニストを務めた他、数々の名門ビッグバンドで腕を磨いたニューヨーク在住37年のピアニスト・クニ三上。「真珠の首飾り」「ザ・ムーチ」等ビッグバンドの名曲をニューヨークの仲間たちと録音。参加メンバーはいずれもライオネル・ハンプトン楽団、デューク・エリントン楽団、カウント・ベイシー楽団、イリノイ・ジャケー楽団、キャブ・キャロウェイ楽団、ウディ・ハーマン楽団等々で活躍する面々。古くて新しい正統派ジャズは最高にゴキゲンだ!

<曲目>
1. Opus One オパス・ワン (Sy Oliver) 5:03
2. The Mooche ザ・ムーチ (Duke Ellington, Irving Mills) 4:59
3. You Better Go Now ユー・ベター・ゴー・ナウ (Robert Graham, Bickley Reichner) 4:12
4. Flying Home フライング・ホーム (Benny Goodman, Lionel Hampton) 4:30
5. Moonlight Serenade ムーンライト・セレナーデ (Glenn Miller) 5:36
6. A String of Pearls 真珠の首飾り (Jerry Gray) 3:21
7. Warm Valley ウォーム・ヴァレー (Duke Ellington) 6:54
8. Shiny Stockings シャイニー・ストッキングス (Frank Foster) 4:59
9. Hamp's Boogie Woogie ハンプス・ブギ・ウギ (Milton Buckner, Lionel Hampton) 4:40
10. In the Mood イン・ザ・ムード (Joseph Garland) 4:12
Total Time 48:26

「ライブ!」

Released:2010 詳細

「ライブ!」三上クニ初のライブ盤

  • 録音:2009年12月5日 月下草舎にて
  • 発売元:Office Yokota
  • 税込み価格:廃盤
  • 製品番号:KM-0001
  • 発売日:2010年5月25日
  • プロデューサー:三上クニ
  • エグゼクティブプロデューサー:横田明子
メンバー:
三上クニ(ピアノ)
池田聡(ベース)
伊藤宏樹(ドラム)

「ジャズこそ生演奏で聴いて欲しい」と、日本全国で年間60回以上のライブをこなしている三上クニ。多くのファンから長いこと望まれていたライブCDが遂に発売。  ジャズのスタンダード「ミスティ」「スィングしなけりゃ意味がない」から、シャンソンの名曲「愛の賛歌」やボサノヴァの名曲「ウェーブ」、クラシックはシューマンのスケルツォやバッハのコラールまで・・・誰もが知っている、聴いたことのある曲たちが、三上クニのアレンジでこうなった!

<曲目>
01. モーニン Moanin'
02. 昔はよかったね Things Ain't What Used To Be
03. ナイト・アンド・デイ Night and Day (Cole Porter)
04. 色とりどりの小品op.99より13番「生き生きと」
05. ミスティ Misty
06. カンタータ第147番 BWV147よりコラール「主よ、人の望みの喜びよ」
07. 愛の讃歌 Hymne A L'amour
08. スイングしなけりゃ意味がない It Don't Mean A Thing (If it Ain't Got That Swing)
09. ライク・サムワン・イン・ラヴ Like Someone In Love
10. ウェーブ Wave
11. ストレイト・ノー・チェイサー Straight No Chaser

2 & 3 (デュオ&トリオ)

Released:2009 詳細

三上クニNew CD『2 & 3』

  • タイトル:2&3(デュオ&トリオ)
  • アーティスト:三上クニ
  • 品番:WNCJ-2197
  • 発売日:2009年4月22日
  • 税込み価格:\2,800
  • 発売元:(有)グ・ルーブ
  • 販売元:バウンディ(株)
  • Producer 三上クニ
  • Executive Producer 佐藤弘
  • Co-Producer 横田明子
  • Engineer 佐藤弘
  • 録音 松戸、グ・ルーブスタジオ
    2008年11月12,13日
メンバー:
三上クニ(ピアノ)
有明のぶこ(ヴィブラフォン、マリンバ)
小松誠司(パーカッション)

ジャズ・ヴィブラフォンの神様、ライオネル・ハンプトンのビッグバンド最後の専属ピアニスト・三上クニ、 ヴァイブに魅せられた三上が、ハンプトン楽団の経験を生かし、その魅力を引き出したニュー・アルバム。 ピアノ+ヴァイブ+パーカッションの演奏で三上クニのアレンジが飛翔する! 「ガーシュイン特集」「モーストリーエリントン」に続く、三上クニのWhat's New Recordsアルバム第三弾。 「茶色の小瓶」「ワンノートサンバ」など10曲を収録、三上クニの新たな魅力満載。

<曲目>
1. Catwalk キャットウォーク (Mal Waldron)
2. Funky Waltz ファンキー・ワルツ (Kuni Mikami)
3. Who can I turn to? フー・キャン・アイ・ターン・トゥー (Leslie Bricusse, Anthony Newly)
4. Cubano Chant クバーノ・チャント (Ray Bryant)
5. The Little Brown Jug 茶色の小瓶 (Joseph Eastburn Winner)
6. They can't take that away from me 誰も奪えぬこの思い (George Gershwin)
7. One note samba ワン・ノート・サンバ ( Antonio Carlos Jobim)
8. Bohemia after dark ボヘミア・アフター・ダーク (Oscar Pettiford)
9. There is no greater love ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラブ (Isham Jones)
10. Tim Dom Domティン・ドン・ドン (Joao Donato & Joao Melo)

CDレビュー

<スゥイングジャーナル誌2009年5月号より>
ニューヨークで35年間活動を続けている三上がパイプ(マリンバも)とパーカッション奏者と組んで聴き応えのあるストレート・アヘッド・ジャズ作品を吹込んだ。三上のタッチは力強さの中にも優しさや情感を湛えた響きが混在している。そこに聴いていて心の安らぎを覚える。とはいっても、決してイージーな演奏にはなっていない。さすが本場で長いこと鍛え抜いてきただけのことはある。いずれも印象的なメロディの曲が選ばれている中で、特に印象に残ったのが5.6.7.三上の屈託のないプレイ。それが魅力になっている。(小川隆夫)
 
<Jazz Pageより>
ライオネル・ハンプトン楽団最後のピアニストであった三上クニと新人のバイブ奏者、有明のぶことのデュオおよびパーカッションの小松誠司を交えたトリオでの演奏。デュオが10曲中7曲を占めマル・ウォルドロンの”Catwalk”やオスカー・ペティフォードの”Bohemia After Dark”などジャズメン・オリジナルと”There Is No Greater Love”などスタンダードを演奏している。ピアノとバイブのデュオといえばモダンジャズのチック・コリアとゲイリー・バートンが有名だがこちらはスイング・スタイル。軽やかでメロディックなサウンドが楽しめる。バイブの有明がリードをとる演奏が多く、原曲のイメージを忠実になぞり透明感あふれるエレガントなプレイが光る。ミディアム・スローで演奏される”Catwalk”やスローで演奏される”One Note Samba ”などが特に印象的だ。グレン・ミラーの”茶色の小瓶”ではピアノがリードをとり有明がマリンバも併用、小松のパーカッションも加わりセント・トーマスを思わせるカリプソ調の演奏で盛り上がる。好アルバム。
<新星堂「DROPS 2009/7」号より>
三上クニ/デュオ・アンド・トリオ ライオネル・ハンプトン楽団最後のピアニスト。デューク・エリントン楽団でも活躍中の名うてのピアニストが放つ待望の新作!ピアノ+ヴァイヴ+パーカッションの演奏は、どこまでも解放感たっぷりで、軽やかに大空を舞う鳥の群れのよう。 あのライオネル・ハンプトンが絶賛した極上のピアノと抜群のセンスの良さは本当に素晴らしい!時計の針を止めて、大切な人と一緒に聴いて頂きたい傑作だ!!(京王府中店 古市佳樹)

Mostly Ellington

Released:2007 詳細

Mostly Ellington 「モーストリー・エリントン」

  • What'sNew Records
  • ¥2.800(税込み)
  • 製品番号 WNCJ-2174

「エリントン楽団で演奏している三上クニならではのアレンジを3人が息の合った演奏でお届けします。 ライナーノーツでは、三上クニにしか書けないエリントン楽団の裏話に触れています。」

メンバー:
三上クニ(ピアノ)
高梨道生(ベース)
長谷川明彦(ドラム)
<曲目>
1. The Creore Love Call
2. Medley 「Take the‘A’Train」「In a Sentimental Mood」「Caravan」
3. Do Nothin' Till Hear From Me
4. Johnny Come Lately
5. Lush Life
6. Perdido
7. Le Sucrier Velours
8. Black Beauty
9. Isfahan
10. WE THREE Blues
11. Lotus Blossom

CDレビュー

<Jazz Page(http://www.jazzpaage.net/)より抜粋>
2005年から活動を開始したWe Three Trioのセカンド・アルバム。全米およびヨーロッパを舞台に活動しているピアニストの三上クニが96年から8年間在籍したデューク・エリントン楽団のサウンドをピアノ・トリオで表現した意欲作。これまでも様々なフォーマットでエリントン・サウンドに挑戦したアルバムが発表されて来たがピアノ・トリオというのは珍しい。エリントンのにごり絵のような複雑なサウンドをピアノで表現するというのは至難の業であるが三上はみごとにそれをやってのけている。モダンジャズ・ピアノのスタイルはバド・パウエルとビル・エヴァンスの2つに大別されが、新たにエリントン・スタイルという奏法が出現したと言っても過言ではないくらい創造的なサウンド。会心のアルバムだ。
 
<Catfish Records HPより>
第1作のガーシュイン集も好評だった、NYでのキャリア豊富な実力派ピアニスト:三上クニ(東京生まれ)率いる3人ユニットWTTのセカンド=今回はエリントン・ナンバー集。2006年9月松戸録音。ブルース・スピリットとウォームなリラクゼーションを満載した、安定感ある渋め吟醸肌の抒情的スインギー妙演がイキイキと紡がれる明朗豊穣編である。多彩で変化に富んだアレンジ面の周到な意匠にも中々の新味が揮われつつ、緩急のメリハリ~劇的昂揚感も充分の、歯切れよく風抜けのいいハートフル&エンターテイニングな闊歩邁進が続き、主役pの、バップのオーソドキシーにキッチリ則った表情豊かでスタンスに揺るぎのない、溌剌とした職人的プレイが美味しく冴えている。重厚で鋭角な、パーカッシヴさを強調しつつの硬派バップ・イディオム技と、軽涼感&ウィットを利かせた粋筋のファンキーな寛ぎ小唄フレージング、を大方の二本柱としながら、両者のミックス語法にクラシックの手法も加味したエレガントな夜想的バラードや、ノリにノッたアーシーなファンク・アクション節、なども楽しげに披露して、芳醇な滋味と余情ある流れが温かに、かつ凛々しく形作られた、おおらか和み気分のゴキゲンな娯楽作品。
<The Walker's vol.8より転載>
ニューヨークの風景が見えてくる…。昨年2月に記念すべき第一弾作品『ガーシュイン・コレクション』をリリースし、本格始動を開始したウィー・スリー・トリオ。トリオを率いるピアニスト三上クニは、現在もNYを拠点にデューク・エリントン・バンドでも活躍中だが、待望の第二弾はそのエリントンの偉大な楽団に捧げたトリビュート作品!  1996年からデューク・エリントン・バンドで演奏し、エリントンのアレンジとエリントンの作曲上のパートナーであったビりー・ストレイホーンの作るメロディには誰よりも深く馴染んできた三上クニならではの絶妙なアレンジが光る小粋なピアノ・トリオ演奏を聴かせてくれる。  結成以来、共に全国各地をまわるツアーを重ね、トリオの更なる絆と三上のピアノと阿吽の呼吸をみせてきたベースの高梨通生とドラムの長谷川明彦の存在感もこのトリオの魅力だ。不協和音を用いるなど独創性豊かなエリントンの魅力を体感させてくれる「Take the "A" Train」~「In A Sentimental Mood」~「Caravan」のメドレーも素晴らしく、高梨と長谷川のプレイも聴き所の「Perdido」「Black Beauty」に、トリオのテーマ曲として楽しめる「WE THREE Blues」など、ピアノ・トリオ・ファンには堪らない大人の魅力満載の一品!
<新星堂「DROPS」より転載>
デューク・エリントン楽団のピアニストで、New York在住30年、三上クニ率いる名ピアノ・トリオの待望の2ndアルバムが遂にリリース!  高梨道生(b)、長谷川明彦(ds)という名うてのミュージシャンによるしなやかで縦横無尽のリズム隊に支えられ、三上クニの洗練された小粋なピアノが、ますます磨きのかかった歴史的大傑作! ライブも素晴らしいので、是非足を運んでほしい!!  (吉祥寺SC店 古市佳樹)

The Gershwin Collection「ガーシュイン・コレクション」

Released:2005 詳細
What’s New Records

The Gershwin Collection

  • What'sNew Records
  • ¥2.800(税込み)
  • 製品番号 WNCJ-2160

「サマータイム等の多くの名曲を残した作曲家、ジョージ・ガーシュインの作品集。それぞれの曲に、時に繊細で、時には豪快な色とりどりのアレンジがほどこされていて、耳に馴染みのある曲が新鮮に蘇りました。」

メンバー:
三上クニ(ピアノ)
高梨道生(ベース)
長谷川明彦(ドラム)
<曲目>
1. It ain't necessarily so黴€
2. Embraceable You黴€
3. Somebody loves me黴€
4. A sleepless night黴€
5. I got a rhythm黴€
6. Isn't it a pity黴€
7. Rhapsody in blue黴€
8. Summer Time黴€
9. The Man I Love黴€

CDレビュー

<HMVHPより転載>
待望のデビュー作は、ジョージ・ガーシュインという、ピアニストにとって最初であり、最後の難関作曲家に挑戦。幾多のピアニストたちの名演にも劣らないオリジナリティを発揮した演奏を展開、今までのクニ・三上像を覆す「引き出し」の多さをアピールした。  また、高梨のベースも奥深く、これらの名曲のエッセンスを紡ぎ出し、新しい香りを付け加え、長谷川のストレイトな性格を表出するドラミングも「ユニット」としての表現を理解したドラミングに昇華しており、今後、日本への来日コンサートを重ねることによって、さらに多くの魅力を増していくだろう。
<新星堂SELDOMより転載>
デューク・エリントン楽団などアメリカ最高峰の楽団で活躍、ディジー・ガレスピー、エルビン・ジョーンズなど超大物らとも共演、New York在住30年の名ピアニスト、三上クニが率いるピアノ・トリオによる全編ガーシュインの名曲だけを集めたアルバム。高梨道生(b)、長谷川明彦(ds)の名うてのミュージシャンによる、縦横無尽なリズム隊に支えられ、三上のピアノが小粋に響き渡る大傑作に仕上がっている。これぞ、“本物中の本物”のピアノ・トリオ・アルバム!これからも末永く素晴らしい音楽活動を続けてほしい!!頑張れ、WE THREE TRIO!!(吉祥寺ステーション店 古市佳樹氏)
<The Walker No.5より転載>
全編ガーシュインの名曲で綴られた本作は、三上のピアノの魅力が凝縮され、NYで出会った盟友、高梨道生(b)と長谷川明彦(ds)との抜群のトリオ・プレイで、“大人&本物のジャズ”をじっくりと聴かせてくれる。三上の感性が際立つ「エンブレイサブル・ユー」や「ザ・マン・アイ・ラブ」は必聴!そして、高梨が弾くベースは当誌“The Walker”の由来でもあるリロイ・ヴィネガーが弾いていた楽器だが、ウォーキングやソロに亡きリロイ・ヴィネガーを偲ばせる「サムバディー・ラブズ・ミー」などは感動もの。また、アーマッド・ジャマル・トリオでおなじみの名ドラマー、フランク・ガントに薫陶を受けた長谷川のドラムも渋い存在感を放つ、「サマー・タイム」などの絶妙なスイング感が堪らない!
<MJ無線と実験5月号より転載>
ライオネル・ハンプトン楽団、デューク・エリントン楽団などの名立たる米国名門バンドでの活躍をはじめ、ワールドワイドな演奏活動を行ってきた三上クニが率いるウィー・スリー・トリオの、ジョージ・ガーシュイン作品集。音楽好きなら誰しも聴いたことがあるガーシュインの名曲たちを、独創的なアイデアによる斬新なアレンジを施し、生まれ変わらせているのが興味深い。どの曲を聴いても、こんなアプローチがあったのかと思う意外性が感じられるが、単に奇をてらったエキセントリックなものでない、バックの二人も三上クニの意図を正確に理解したうえで息のあったプレイを展開し、中身の濃いガーシュイン作品集であるとともに、完成度の高いピアノトリオ作品に仕上げている。  サウンドは十分なFレンジとダイナミックレンジが確保され、彼らの幅広い表現力を余すことなく引き出す豊富な音楽情報が記録されている。低域も充実し、キックドラムやベースの空気感もリアルさがある。(小林貢氏)
<タワーレコードHPより転載>
ガーシュインの名曲をピアノの魔術師とも呼ぶべき三上氏の研ぎ澄まされた感性と驚異のテクニック、ベース、ドラムスとの揺ぎ無いコラボレーション。今までのピアノ・トリオ・アルバムとは一線を画す上質のピアノ・トリオ・アルバム!

3 for 1 (out of print)

Released:2004
On Time USA

  1. Misty
  2. Memories of You
  3. Feelings
  4. Do-Diper
  5. Easy Smile
  6. Fm Raggae
  7. Breeze & I
  8. Round Eyes
  9. Snow Fall
  10. Sky
  11. Blues
  12. Closing

CLOSE TO YOU

Released:2001
On Time USA

  1. Feel Like Making Love
  2. Close To You
  3. Sunny
  4. Misty
  5. Mercy Mercy Mercy
  6. Breeze & I
  7. All Blues
  8. What Are You Doing For The Rest Of Your Life
  9. Fm Reggae

三上クニのエッセイ「ニューヨーク・ジャズマンのおもしろジャズ語噺」

ニューヨーク・ジャズマンのおもしろジャズ語噺

三上クニ・著/四六判/184頁/定価1680円(本体1600円+税)全音楽譜出版社 解説・目次・書評

ISBN978-4-11-880176-6

全音楽譜出版 アマゾン

「ちょっとヌードルしててよ」横たえろ?脱線事故?パン食べますか?…ジャズでそんなこと言われてもわかりません!という方、本書で解決しましょう。

1974年秋。弱冠19歳でジャズ・ピアノの修行のために憧れのニューヨークにやってきた。いざセッションに臨んでみたら今まで日本で使っていたジャズ語が通じない。言い方がわからない。言われたことがわからない!

以来、在米35年。ライオネル・ハンプトン楽団の専属ピアニストを12年間務め、現在もニューヨークでジャズ・ピアニストとして活躍する三上クニが体験した本来のジャズ語の意味や使い方、考え方とは?ニューヨークのジャズ界に身を置く筆者ならではのおもしろ噺が満載です。

三上クニのエッセイ
「ニューヨーク・ジャズマンのおもしろジャズ語噺」

ニューヨーク・ジャズマンのおもしろジャズ語噺

【解説】

ジャズを学ぶ人は必読、ジャズ好きは勿論、そうでない人にも楽しめて為になるエッセイ集。辞書にも出ていない、学校でも教えてくれないニューヨーク・ジャズ英語にちなんだエピソードを、筆者の実体験に基づく楽しいエッセイでまとめた画期的な一冊。

バリー・ハリス、ノーマン・シモンズのもとで学び、ライオネル・ハンプトン楽団、キャブ・キャロウェイ楽団、イリノイ・ジャケー楽団、デューク・エリントン楽団と名門ビッグバンドの数々で演奏し、ダコタ・ステイトン、ジミー・スコットら優れたシンガーのピアニストを務め、エルヴィン・ジョーンズ、ディジー・ガレスピーら大物ジャズミュージシャンとも共演、カーネギーホール、アヴェリー・フィッシャーホール、タウン・ホールなどニューヨークの大舞台でも演奏…と華々しい経歴を持つ著者・三上クニは、今年で在ニューヨーク35年。1970年代にニューヨークへ渡り、これだけの様々な体験を経た三上にしか書けないエピソードの数々。

今は亡き懐かしのニューヨーク、最もジャズの似合った頃のニューヨークを感じさせるエッセイです。

【目次】

  • After Hours (アフター・アワーズ)…泥酔客はミュージシャン
  • Bad (バッド) …ひどく良い演奏でした??
  • Be Bop (ビ・バップ)… ひねくれ者のビ・バップ
  • Boogie Woogie (ブギウギ) …ジャズの原点はブキにあり!
  • Book (ブック) …使い方いろいろ
  • Bradley’s (ブラッドリーズ)…今はなきジャズ・クラブの名店
  • Bread (ブレッド)…パン、食べますか?
  • Bridge (ブリッジ)…架け橋はワサビ
  • By Ear (バイ・イアー)…知らない曲は耳でやれ
  • Cabaret (キャバレー)…ホステスさんはいません
  • Chart (チャート)…エリントン楽団のピアノの秘密
  • Chops (チョップス)…吹いても歌ってもキープ・チョップス・アップ
  • Club Date (クラブ・デート)…セレブのためのお仕事
  • Combo (コンボ)…コンボいろいろ
  • Comping (コンピング)…歌伴は難しい
  • Do Your Thing! (ドゥ・ユア・シング!)…自分の演奏をしろよ!
  • Dynamics (ダイナミックス)…強くするなら弱くしろ
  • Fake (フェイク)…リクエストを断れない時
  • Ghost Band (ゴースト・バンド)…存在しないけど存在する
  • Head (ヘッド)…記憶力とヘッドで乗り切ったキャロウェイ楽団
  • Honky Tonk (ホンキー・トンク)…安酒場で奏でられた音楽
  • Identity (アイデンティティ)…ジャズへの姿勢
  • Improvisation (インプロヴィゼーション)…演奏もハプニングもインプロヴィゼーション
  • Institutionalized Jazz (インスティテューショナライズド・ジャズ)…象牙の塔の内の音楽
  • Jazz (ジャズ)…ジャズという呼び方
  • Jitterbug (ジターバグ)…モラルを反映したダンス・スタイルの変遷
  • Jive (ジャイヴ)…ハーレム言葉は難しい
  • Jungle Music (ジャングル・ミュージック)…エリントン楽団によって広がった
  • Kick It Off (キック・イット・オフ)…超高速キック・オフで若手試し
  • Latin (ラテン)…一拍目はどこ?
  • Lay Out (レイ・アウト)…横たえたり首を切ったり
  • Lead Sheet (リード・シート)…ピアニスト泣かせの自己流はやめましょう
  • Local 802 (ローカル802)…音楽家組合の仕組み
  • Loft Jazz (ロフト・ジャズ)…居候もいたジャズの実験室
  • Modal (モーダル)…ベテラン達の困惑
  • Naive (ナイーヴ)…日本だと繊細、アメリカだと…
  • Nica (ニカ)…ジャズの曲名になった人物
  • Noodling (ヌードリング) …麺をこねる?
  • Out (アウト)…最後のコーラスと前衛音楽
  • Pedal Point (ペダル・ポイント)…クラシックで使われる印象的な手法
  • Piano Solo (ピアノ・ソロ)…ソロの変遷
  • Pitch (ピッチ)…NYのチューニング事情
  • Quartal Harmony (クォータル・ハーモニー)…ドビュッシーが使用済み
  • Ragtime (ラグタイム)…一〇〇年の伝統芸
  • Riff (リフ)…盛り上げに効果的な手法
  • Sassy (サシー)…濃厚なフェロモンを振りまこう
  • Scat (スキャット)…デュワデュワ、モゴモゴ
  • Segue (セグエ)…ピアノとベースはドキドキもの
  • Set (セット)…時間と回数と選曲
  • Shim Sham (シム・シャム)…フリーズ、ダンス!
  • Sit In (シット・イン)…座り込むかい?ではない
  • Society Style Piano (ソサエティ・スタイル・ピアノ)…昔はスター、今はBGM
  • Spirituals (スピリチュアルス)…黒人のジャズの根本
  • Stop-time (ストップ・タイム)…タイミングに注意
  • Substance (サブスタンス)…深さのある表現
  • Swing Tune (スイング・チューン)…フォー・ビートは通じません
  • Syncopation (シンコペーション)…ピアノのソロは付点ではない
  • Tacet (タセット)…効果的な使い方をしよう
  • Tag (タグ)…歌手を最高に引き立てるという姿勢
  • Title (タイトル)…面白い邦題
  • Trade (トレイド)…驚愕のドラム・ソロ
  • V.S. (Volti Subito) (ヴォルティ・スビト)…ジャズの世界で最も使われているイタリア語
  • Vamp (ヴァンプ) …シンプルなコードとリズムが原則

【書評】

『おもしろジャズ語噺』書評

バリー・ハリス・メソードによる ニューヨーク・スタイル ジャズ・ピアノ教本1

ニューヨーク・スタイル ジャズ・ピアノ教本1

三上クニ・著/菊倍判/80頁/定価1890円(本体1800円+税)全音楽譜出版社

ISBN978-4-11-190190-6

全音楽譜出版 アマゾン

あらゆる楽器のジャズメン愛用の参考書。売り上げ1万部突破

バリーハリス直伝のビバップ・コンセプトを紹介

6thコードとディミニッシュをマスターすることにより、ピアノの鍵盤上の音のほとんどが自由に使えるようにすることが、大きな特色です。

ダイアとニック・スケールで出来る和音/ディミニッシュの和音とスケール/6thコードについて/アド・リブ

ニューヨーク・スタイル ジャズ・ピアノ教本2 実践的ボイシング

ニューヨーク・スタイル ジャズ・ピアノ教本2

三上クニ・著/菊倍判/48頁/定価1470円円(本体1400円+税)全音楽譜出版社

ISBN978-4-11-190191-3

全音楽譜出版 アマゾン

ジャズピアノ初心者、クラシックピアニスト向け。 「きらきら星」やショパンの「プレリュード」など そのまま弾けばジャズになる楽譜が満載

初心者向けの和音の作り方と実際の演奏例

ボイシング(メロディーに和音を積み重ねる方法)の可能性を、4種類の主要コードを例として示したもの。

ドミナント7th、マイナー7th、メジャー7th、マイナーコードを例にとりメロディーが1度から長7度の各場合のボイシングを明示/平行移動一覧表付

(三上クニ翻訳)ジャズ・ピアノ・マスターたちのスタイルの考察 ジャズ・ピアノ

ジャズ・ピアノ・マスターたちのスタイルの考察

三上クニ・翻訳/リアム・ノーブル・著/菊倍/128頁/定価3,465 円(本体 3,300 円 + 税)ATN出版

ISBN978-4-7549-3553-5

ATN出版 アマゾン

本書は、ジャズ・ピアノの発展と足跡をたどり、歴代の偉大なジャズ・ピアノ・プレイヤーの音楽的なスタイル分析・人物紹介を分かりやすく解説しています。

(三上クニ翻訳)ジャズを始めたいピアニストのための やさしいジャズ・ピアノ

ジャズを始めたいピアニストのための やさしいジャズ・ピアノ

三上クニ・翻訳/ヴィニー・マルトゥッチ・著/菊倍/64頁/定価2,940 円(本体 2,800 円 + 税)ATN出版

ISBN978-4-7549-3236-7

ATN出版 アマゾン

本書は、ジャズ・ミュージシャンのすばらしい演奏を耳にして、こんな風にジャズ・ピアノを演奏できたら楽しいだろうと考えているクラシック・ピアノ経験者や、初めてキーボードでジャズを演奏する初心者などを対象にした内容です。

(三上クニ翻訳)ブルースを始めたいピアニストのための やさしいブルース・ピアノ

ブルースを始めたいピアニストのための やさしいブルース・ピアノ

三上クニ・翻訳/ヴィニー・マルトゥッチ・著/菊倍/72頁/定価2,940 円(本体 2,800 円 + 税)ATN出版

ISBN978-4-7549-3237-4

ATN出版 アマゾン

本書は、100年以上の伝統をもち、クラシックからジャズ、ラップ、ソウルまで、幅広いジャンルの音楽を表現するための基本ともいえるブルースを、やさしく、楽しみながら学べる内容です。